人に踏みつけにされたり、嘲笑されるために生を受けた人間などひとりもいない。自分を正当化するための言い訳に、他人の生き様を誂い、揚げ足を取るような人間は一切信じない。

心細くなる度にナイフを振り回すような少年期の惑乱を、人生後半まで持ち越してどうするのだろう。